2007年03月06日

“What a wonderful world「この素晴らしき世界よ」” になったらいいね♪

少し前,何かのCMに使われていたので、聴けば「あぁ、あの曲!」とわかってくれる方も多いと思います。


超しぶーいハスキーボイスで歌いあげるこの曲は、メロディが覚えやすいし、英語もわかりやすいので、一緒に気持ちよく歌える曲?だと思います。


ちなみに、ANNEの英語教室では、高学年クラスでこの曲を教えてみようと思ってます。(いや、マジで…) 歌で覚えた英語というのは、あとあと意外と覚えているものなんですよね。
当ブログでも、タイトルはわからないけど“You are my sunshine, my only sunshine ... ♪”という曲はANNEが中学のときに習って以来、全部歌詞を覚えているとご紹介しましたが、メロディと一緒だと書いてあるだけよりも記憶に残りやすいのは確かみたいです。

最近、流行っているでしょ? 「声に出して読みたい…」とか…。日本語でも英語でも、黙読するより声に出して読むと、目から、耳から、と複数の刺激が脳に与えられるためよいとされています。ひらめき

なので、ANNEの教室でも、とにかく耳で英語をたくさん聴いて(input)、口頭で何度も表現する(output)を大切にしています。

ま、豆知識はこの辺にして、曲に戻りましょう。わーい(嬉しい顔)

この曲の詩は、とてもきれいで、心が洗われます。
不景気だったり、悲しい事件や事故がおこったり、世界的に緊張状態にあったりで、なにか、閉塞感のある世の中です。日々の仕事や生活のなかで、報われなかったり、平凡だったりすると「あぁ、つまんない」「不公平だ」なんて思ってしまいがち…

でも、この詩は、とてもさりげないところに幸せを発見しているんですね。2コーラス分ご紹介します。

I see tree of green,red roses, too      (木々は緑、紅はバラ)
I see them bloom for me and you        (咲くは、君と僕のため) 
And I think to myself, what a wonderful world

 (そして独り、思いに浸る この素晴らしい世界よ)
 中略 


I hear babies cry I watch them grow            (赤ん坊は泣き、すくすくと育ち)
They'll learn much more than I'll know           (僕も知らない多くを学ぶ)
And I think to myself, what a wonderful world

 (そして独り、思いに浸る この素晴らしい世界よ)
Yes I think to myself, what a wonderful world

 (そして独り、思いに浸る この素晴らしい世界よ)

Louis Armstrong  “What a wonderful world” 対訳 小山さち子

=========================================
★☆★ ANNEの鉄則★☆★ 感嘆文 (名詞サンドイッチバージョン)
驚いたとき、心が動いたとき(喜怒哀楽)「なんて〜なんだろう」という表現です。ポイントは、感激した

もの(名詞=世界とか、花とか、絵画とか)を表現するということです。
(ちなみに感嘆文にはもう1つパターンがあって、こちらは形容詞サンドイッチバージョンと勝手に命名し
ちゃいましたが、それはまた今度。)

フルセンテンスだと
What a wonderful world it is! となります。


It is  a wonderful world.
        ↓
What a wonderful world it is!

では、感嘆文の作り方♪
<UL>
<li>
@「なんて〜なんだろう」と強調したいので、英語でも「S(主語)+V(動詞)」のセオリーを飛び越えて

what a wonderful world を先頭に出してあげます。</li>
<li>
Awhatは文章の先頭に来るので、大文字にしてあげます。(機関車の先頭車両みたいな役割です。この文の

先頭車両はここだよぉ♪ みたいな…)</li>

<li>
B取り残された it is「S(主語)+V(動詞)」をそのままの語順でそのままくっつけます。
 (疑問文ではないので“is it?”にはなりません。)</li>
<li>
C最後に感嘆文だよ!という印の「exclamation(びっくりマーク)」をトッピングして出来上がり</li>
</UL>

では、この素晴らしい曲をお楽しみくださーい。
 
 

「ANNEの中学英語征服計画」 http://www13.or.jp/e-soleil/
「ANNE的徒然英語勉強部屋」 http://anne-studyroom.seesaa.net/
「ANNE的英語ターフェル・アナトミア」 http://anne-itaishinnsho.seesaa.net
もよろしく♪

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35315200

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。