2007年02月07日

心に響くナンバー ドラマ「華麗なる一族」の挿入歌です♪


皆さん、「華麗なる一族」見てますかぁ? ちょっと見るつもりがなんだかハマってしまったみたいです。
山崎豊子氏原作のこの作品。熱いオトコ「万俵鉄平」を木村拓哉クンがかっこよく演じてますね。他のキャ
ストもキャラに合っててANNEとしてはこの冬一番の楽しみなドラマです。TV


ま、前置きはいいとして、この挿入歌、どこかで聴いたことがあるはずの名曲だ…と思いつつなかなか思い出せませんでした。でも、今日の午後、英語のレッスン下準備中に疑問は氷解。偶然かけていたイーグルスのCDの中にありました。「DESPERADO」邦題「ならず者」というナンバーです。

なんだか、ずーッと会えずにいた友だちと再会したときのような感動がありました(笑)大げさなようだけれど、マジそんな感じです。心にぐぐっとくる曲?ですね。

今ANNEのHPで「ANNEのお気に入りナンバーランキング」というのをやってます。「名山百景」とか「名曲百選」とかありますが、これから「ANNEが選ぶ名曲100選」というのをやってみようかな。で、本当に好きなナンバー100曲をピックアップ。このナンバーも入れてしまおう♪CD

では、いつものように歌詞を紹介します。今日は最後の部分です。

♪DESPERADO

Desperado, why don't you come to your senses, (デスペラード、正気に戻ったらどうだい?)
Come down from your fences (塀から降りてくるんだ)
Open the day, it may be raining (明け方には雨が降るかも知れない)
But there's a rainbow above you (けれど頭上には虹がかかるさ)
You better let somebody love you (誰かに愛されるんだ)
You better let somebody love you (誰かに愛されるんだ)
Before it's too late       (手遅れになる前に)


「The Very Best of THE EAGLES」より(Don Henly and Grenn Frey)対訳 加納一美

いかがですか? ちょっとアウトローっぽい人生に迷っている感じの主人公に、語りかけるような歌詞ですね。特に最後の部分は、メロディとあいまって切ない感じがします。「立ち直ってくれ!!」という祈るような思いが伝わってきますね。すてばちな主人公に語り手の願いは届くんでしょうか?

今日の英語のテーマはこのセンテンスです。

You better let somebody love you. (You had better let somebody love you)のhad が省略されています。had better で「〜したほうがいい」という意味です。実際には、この表現は使わないほうがいいとお知らせしておきます。

had better は、あなたが背中に銃口を突きつけられていて、You had better be quiet.(おとなしくしていたほうがいいぜ)とでも言われているような強制力のある「〜したほうがいい」です。


日常「〜したほうがいいよ」という場合は「You should stay here」みたいに「should」を使いましょう。


★☆★ ANNEの鉄則★☆★ letを使った文(使役)
let=○○に〜させる という意味になります。
let +  O=目的語(誰々に〜)V=動詞の原形(素の形)+ Vの目的語(つまりO=誰々がする動作の相手)


You (S=主語)+ let(使役動詞)+ (O=目的語 somebody 誰かに〜 (V=動詞 love)+you(O=目的語 あなたを)
直訳すると「誰かにお前を愛させるんだ」
==========================================================

やっぱり人間は、愛してくれる人が必要なんだなぁ、と、しみじみ思います。そしてこの歌にあるのは、主人公を見守る大きな愛ですよね。
では、このしぶくて、ぐぐっとくるナンバーをお楽しみくださいね。喫茶店

 
 DESPERADO 


 

「ANNEの中学英語征服計画」 http://www13.or.jp/e-soleil/
「ANNE的英語ターフェル・アナトミア」 http://anne-itaishinnsho.seesaa.net
もよろしく♪

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。