2007年01月31日

“Without you”♪というナンバーをご存知ですか?

“Without you”♪というナンバーをご存知ですか?

皆さん、こんにちは。
今日ご紹介するナンバーは、ANNEの中では名曲にランクインする曲です。
歌っているのはNilsson(ニルソン)。ある意味究極のラブ・バラードです。


でも、happyなほうのバラードではなく、去っていった恋人に愛を訴える詩となっています。

サビの部分では、何度もリフレーンする覚えやすいメロディがあります。
ま、そこがこの歌のツボなんだから、当然といえば当然ですが…

without you とは、「あなた/君なしでは」という意味です。


No, I can't forget this evening nor your face as you are leaving

(僕は今夜のことを、去っていく君の顔を忘れることはできないだろう)

中略

I can't live (僕は生きていけない)                    ※リピート2回
If living with without you (もしも君なしの人生ならば)
I can't live (僕は生きていけない)
I can't give anymore(とても耐えられない 続けていけない) 


という歌詞です。後半サビ部分の“I can't live〜”の部分は、映画ブリジット・ジョーンズの日記」でブリジットがはずしながら熱唱していたので、覚えている方もいるかな? あとは何かのCMにも使われていました。
ここで、ご紹介できて、とても嬉しいです。

さて、今日の歌詞で、注目するところといえば、やはり「can(可能を表す助動詞)」でしょう。
このナンバーの彼は、“I can't 〜”と何度も訴えていますが、つまり“can not”=できない ということです。
まとめれば、「君なしでは、生きていけない」という意味ですね。



★☆★ ANNEの鉄則★☆★
can、will、should、mustなど助動詞・・・動詞の前に持ってくる。助動詞の後の動詞→原形(s、es、ingなどをつけない)
I(S=主語)+  can't(aux=可能を表す助動詞)+  live (V=動詞 ここではlive=住むではなくlive=生きる、生活するの意)

 



 

詳しくは、「ANNEの中学英語征服計画」 http://www13.or.jp/e-soleil/
     「ANNE的英語ターフェル・アナトミア」 http://anne-itaishinnsho.seesaa.net

を見てね。(あ、canの原稿はまだアップしてなかった…)がく〜(落胆した顔)

今日ご紹介したNilsson/Without You はこちらです。


 

[タイトル] Without Her - Without You: The Very Best of Harry Nilsson, Vol. 1
[アーティスト] Harry Nilsson
[レーベル] Rca..



 

 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。